スラムダンク 全巻

スラムダンクのあらすじ

主人公のヤンキー桜木花道は同じ湘北高校の赤木晴子に一目惚れをし、その晴子に「バスケットはお好きですか?」と尋ねられ、自分は「スポーツマンだから好きだ」と嘘を言ってしまう。
実はその背景には、昔、告白した女の子がバスケ部員が好きと言われてフラれたため、バスケットボールという言葉に過剰反応するくらいバスケットボールが嫌いだったにも関わらず、晴子への恋心が勝ったというエピソードも。

 

そんな経緯でバスケットボールを始めることになった花道。
そこでは、(晴子が想いを寄せる)同じ一年生のスーパールーキー「流川楓」
晴子の兄であり、チームのキャプテン「赤木剛憲」
中学MVPを受賞した「三井寿」
ポイントガードの「宮城リョータ」
地味だけど欠かせないキャラ「木暮」
などなど、超個性的なキャラたちとともに安西先生の指導のもと、ぶつかりながらも全国制覇を目指して、神奈川県の強豪チームと戦う青春ストーリー。

 

ちなみに、安西先生の「あきらめたら、そこで試合終了ですよ…?」というセリフは余りにも有名。

 

花道は、神奈川県の強豪を倒していく中で、秘められた運動能力が徐々に開花していき少しずつバスケットボールを好きになっていく。
全国の強豪と戦って1人1人が肉体的にも精神的にも成長していく姿を描いている青春ドラマ。

 

スラムダンクは不良高校生があることをきっかけにバスケットボールを始め、どんどん上達していく姿を描いた青春漫画です。何の知識も技術もなくボールを持って歩いたりするような主人公が徐々に覚醒していきインターハイの舞台にまで立つように成長していく物語です。めぐまれた体格を生かして日々基礎トレーニングを積み重ねる日々ですが、確実にそしてものすごく速いスピードで技を習得していきます。そして精神的にも徐々にバスケットマンに変化していくのが特徴です。

 

主人公の魅力は不良でありながらバスケットに魅せられバスケットに対しては真面目に取り組んでいく姿がとても感動的です。何かを一生懸命することってこんなにもかっこいいし人を惹きつけるものだということに気づかせてくれます。
やはり名言集があるくらい名言がたくさんあります。人生に迷ったり行き詰まった時にこの本を読み返すと生きるヒントのようなものが随所に散りばめられています。人生に迷った時に読む漫画としては最高のものだと思います。そして決してハッピーエンドでは終わらなかったところも人生に似ているなと思います。漫画はほとんどがハッピーエンドばかりで人生とは異なるものですが、この漫画はハッピーなことばかりではないのでそこもまた勇気付けてくれるポイントだと思います。

 

この漫画では誰もが知っている名言として諦めたらそこで試合終了ですよという監督が発した言葉があります。この言葉も素敵ですが。私が選ぶ最もオススメのシーンは主人公が試合中に怪我をしてもう試合に出られないような雰囲気になるところです。不穏な空気が漂う中で主人こが呟いた俺の栄光時代は今なんだよよいう言葉です。それはもうこの先バスケットができなくてもいいから今バスケットがしたいという人生をかけた決断でした。一人の不良少年をここまで本気にさせてしまうバスケットの魅力というにがとても感動的に描かれています。この漫画のブームでバスケットを始めた人がどれだけいたことでしょう。まさに日本を変えた漫画といっても過言ではありません。他にも紹介できないほどたくさんの名言が隠れています。ぜひ仕事や人生に行き詰まったり勇気が欲しい人に読んでもらいたい漫画です。この漫画を読んで時間の無駄だったなどど思う人はいないと思います。ぜひ自分にとっての一番の名言を見つけて、その言葉を胸に人生を生き抜いて欲しいと思います。もはやスラムダンクはただの漫画の域を超えたたくさんの人々の心のバイブルなのです。大事な場面で必ず背中を押してくれるそんな強さのある漫画ですs。

主人公の桜木花道が、バスケはまったく初心者だったものの、その持ち前の精神と卓越した身体能力でみるみる上達していき、強豪校と戦いながら成長していくストーリー。
不良でケンカばかりしていた主人公、桜木花道は、一目ぼれした女の子の兄がしていたバスケットボールに出会います。
元々ケンカで鍛えていたその身体能力で、特にリバウンドの面で能力を発揮します。
そうして湘北高校バスケットボール部の一員となった桜木花道の高校バスケ時代を追っていきます。
主人公の桜木花道は、まったくのバスケ初心者でしたが、身体能力(特にジャンプ力)という武器を持っていました。
それがバスケではリバウンドという武器に変わり、実際試合でもその武器でどんどん活躍していきます。
そんなところが魅力です。

 

まずはいろいろな固定的なキャラクターがそれぞれ魅力的ということです。
主人公の桜木花道だけでなく、同じ高校のスーパースター、流川楓、3年生のキャプテンであるセンターの赤木、3Pシューターで花道と同じ不良だった三井、2年生で名ポイントガード、宮城と、湘北高校のチームメイトだけでも個性溢れるメンバーなのに、ライバル校の各キャラクター達もスーパースターがいたり、たたき上げの苦労人がいたり、アウトローな人生を歩んでいる者がいたりと、必ず誰かに心入れしてしまうそのキャラクター達がハマるポイントです。

 

おすすめのシーンは、超強豪校、山王工業と戦っていた試合での1シーンです。
これは主人公の桜木花道が、試合で腰に故障を負ってしまいます。
何とか腰の痛みに耐えながら試合に出続けていましたが、安西監督はこれ以上は危険とベンチに下げようとします。
そんなとき安西先生に対し花道が、「オヤジの栄光時代はいつだよ。全日本のときか?俺は、俺は今なんだよ!」と言い、続行を志願するのです。
この桜木花道の、この一試合に賭ける気迫が私の一番のおすすめのシーンです。
このマンガはバスケが好きな人、スポーツをしている人、熱血スポーツマンガが好きな人は勿論ですが、私はサラリーマンの人に是非読んで欲しいです。
理由はビジネスシーンでも役に立つというか、考え方が活かせる場面が多いと思うからです。
例えば上記の桜木花道のコメントなんかは、目の前の仕事に全力投球することが大事ということを教えてくれます。
そして花道で言えば、どんなに初心者でも努力次第で道は拓けること、たった一つでもその武器を磨けばそれが自分の誰にも負けない大きなアドバンテージになることを教えてくれます。
それは勿論、他のキャラクターや、選手だけでない周りの登場人物からも学ぶことができますので、特にサラリーマンには教科書になるようなマンガではないでしょうか。

スラムダンクの感動ポイントを集めてみた!

高校に入学するまで、大嫌いだったバスケ。
まったくのド素人だったのに、赤木晴子のひと言でバスケ部に入り、徐々に徐々に真のバスケットボールマンに成長していく姿が感動的で胸を熱くします。

高校のバスケ部を中心に描かれている漫画なので、ルールがわからないと読んでもつまらないと思うかもしれませんが、そんな事はありません。
全くルールがわからなくても楽しめます。
むしろ、主人公桜木花道が成長していく姿を素直に楽しむのがいいですね。
漫画とはいえ1人のど素人がここまで短期間に成長していく姿は読んでいる人を感動させ必ずハマりますよ。おすすめです。

いつもどんな時も明るく何事に対しても真っ直ぐなので読んでいても気持ちよく感じます。晴子が好きだからという理由で始めたバスケットボールにも決して適当にするわけではなくしっかりと向き合っていく姿がとても魅力的です。

バスケットボール初心者なのに、自分を天才と豪語し、才能を開花させ本当に天才な部分を証明させたところや、桜木軍団と呼ばれるバスケ部ではないが桜木に協力的な仲間やライバル校のキャプテンやエース級のプレイヤーに一目置かれるなど、他人を引き寄せる魅力があるのが魅力的です。