スラムダンク 全巻

主人公は卓越したスーパースターじゃないことの共感

これまでのスポーツ漫画のように、常人離れした身体能力や必殺技があるわけではなく、リアルな試合展開や練習内容など現実に近いところが魅力的です。
試合中に対戦相手と話すことが多いのは、少し現実的ではないですが、心理描写などを表現したり読者に説明する上では仕方ないのかもしれません。

 

人もボールも背景もとにかくリアルに描かれています。バスケットボールがわからない人のために専門用語も説明があってわからない人でもわかりやすく書いてあります。

スラムダンクが読者を惹きつけて止まない理由

バスケットボール初心者の桜木花道が、練習試合を含めて試合で成長していく姿が読む人を惹きつけます。

 

湘北バスケ部員や監督の安西先生はもちろん、バスケ部ではないものの桜木軍団と呼ばれる桜木花道の仲間と共に桜木花道がバスケットボールプレイヤーになっていく過程が、バスケットボール以外の競技でも「自分は初心者だから」と悩んでいる読者に諦めない希望を与えてくれるような漫画です。
初心者だけではなく、ブランクのある人も自信を持てたりコツコツずっと真面目に努力していればそれがいつか報われる、と思えるような漫画だと思います。

 

また、この漫画は名言とされる言葉が多いです。

 

周りにいる人に現実的に言われても心に響かないような言葉でも、この漫画を通してその言葉を見ると不思議とその言葉がスッと自分の中に入るような不思議な魅力があります。
特に一番有名な言葉の1つである「あきらめたらそこで試合終了だよ。」は、スポーツに限らず仕事や資格取得など何かに挑戦しているが、うまくいかず「自分はダメなのか」「自分は向いてないのか、才能ないのか」と悩んでいる人達は励まされる言葉だと思います。バスケットボールを通じて人の成長の姿、天才も努力が必要など人生を考えさせられる漫画です。